ニュース
» 2016年05月17日 07時10分 UPDATE

Apple、iOS 9やOS Xなどのセキュリティアップデートを一挙公開

iOSやOS X、watchOS、Safari、iTunes、tvOSの更新版が公開され、それぞれ深刻な脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは5月16日、iOSやOS X、watchOS、Safari、iTunes、tvOSの更新版を公開し、それぞれ深刻な脆弱性に対処した。

 iPhoneやiPad向けの「iOS 9.3.2」では計39件の脆弱性に対処した。細工を施したWebサイトや画像の表示を通じて任意のコードを実行される深刻な脆弱性が多数含まれるほか、情報流出やサービス妨害(DoS)の脆弱性などが修正されている。

 また、端末にロックがかかっていてもSiriを使って、Twitter経由で連絡先や写真などにアクセスできてしまう脆弱性も修正された。この脆弱性については4月の時点で情報が公開されていた。

 Apple Watch向けの「watchOS 2.2.1」でもiOSと共通する脆弱性が多数修正されている。

Siriの脆弱性概要(Appleより)

 OS Xは「El Capitan v10.11.5」と「セキュリティアップデート2016-003」が公開された。アップデートの対象となるのはEl Capitan v10.11以降とMavericks v10.9.5およびYosemite v10.10.5。合計で67件もの脆弱性が修正されている。

 WebブラウザのSafariはバージョン9.1.1に更新され、WebKitなどの脆弱性に対処した。OS X Mavericks v10.9.5とYosemite v10.10.5、El Capitan v10.11.5が対象となる。

 Windows版の「iTunes 12.4」では、iTunesのインストーラを信頼できないディレクトリで実行することによって任意のコードを実行される脆弱性を修正。Apple TV向けの「tvOS 9.2.1」でも任意のコード実行の脆弱性などが多数修正されている。

リリースされた各製品の最新セキュリティアップデート(同)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -