ニュース
» 2016年05月20日 06時29分 UPDATE

ChromebookにAndroidアプリがやってくる──今秋タッチ対応新モデルも

GoogleがAndroidアプリおよびGoogle PlayをChrome OS端末からも利用できるようにすると発表した。Google I/OでAndroidアプリ開発者向けに最適化のためのセッションが設けられ、今秋までの対応を促した。秋には複数の新Chromebookやハイブリッド端末が登場する見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月19日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O 2016」のセッションで、AndroidアプリおよびアプリストアのGoogle PlayをChrome OSに対応させると発表した。今秋に一般ユーザーも使えるようになる(サポートするChromebookの一覧はこちら)。

 chrome 1 セッション概要

 Chrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」では現在、「Chromeウェブストア」のアプリを使えているが、アプリ数はAndroid向けと比較して少なく、例えばMicrosoftはオフラインでも使えるAndroid版Wordを出しているが、Chrome版(Word Online)はオンラインでしか使えない。

 Androidアプリが使えるようになれば、Chromebookユーザーは利用できるアプリが一気に増え、Android端末と併用している場合は(クラウドにデータを保存するアプリであれば)、AndroidとChromebookでデータを共有できるようになる。

 chrome 2 Google Playストアを表示したChromebook

 一方、開発者にとっては、Chrome OS向けにアプリを最適化する必要はあるが、ユーザー数を増やす機会になる。

 アプリ開発者は、キーボードとマウスでの操作やマルチウィンドウモードのサポートなどをアプリに追加する必要がある(開発者向けの説明はこちら)。今秋リリース予定の次期Android OS「Android N」はマルチウィンドウ対応なので、いずれにしてもアプリはマルチウィンドウサポートにする必要がある。

 Googleは今秋にタッチ対応のChromebookやハイブリッド端末が複数のパートナーメーカーから登場するとしている。(タッチ対応ではないChromebookでもAndroidアプリは使えるようになるが。)

 Chromeについては何度かAndroidと統合するのではないかといううわさが浮上し、そのたびにGoogleは否定してきた。今年に入って、韓国Samsung Electronics台湾Acer米HPなどが新モデルを発売している。

 米調査会社IDCの5月の発表によると、米国における2016年第1四半期(1〜3月)のOS別PC出荷ランキングで、Chromebookが米AppleのMacを抜き、MicrosoftのWindowsに次ぐ2位になったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -