ニュース
» 2016年05月20日 10時44分 UPDATE

Uber、ピッツバーグの公道でFord Fusionベースの自動運転車テスト走行開始

配車サービスのUberが、同社の研究施設の拠点であるピッツバーグで、Ford Fusionベースの自動運転車の公道でのテスト走行を開始したと発表した。(自動運転車の画像あり)

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米配車サービスのUberは5月19日(現地時間)、米ペンシルベニア州ピッツバーグの公道で、自動運転車のテスト走行を開始したと発表した。

 uber 1 地図データも収集するUberの自動運転車

 Uberは昨年、米カーネギーメロン大学との提携により、ピッツバーグの同大学キャンパスの近くにUber Advanced Technologies Center(ATC)を設立し、「安全で信頼できる輸送手段をどこでも誰にでも提供するというUberのミッションを促進するための長期的な技術の開発」に取り組んでいる。

 Uberの自動運転車は米Fordの中型セダン「Fusion」のハイブリッドモデルをベースにしており、天面に各種センサーの他、米GoogleのStreetview Carのように地図データ収集のための複数のカメラも搭載している。

 uber 2 Googleのストリートビューカーはヒュンダイやスバル(インプレッサ)ベースのものが多い

 Uberの自動運転車はGoogleのトヨタモデルの自動運転車と同様に、自動運転モードでも必ずドライバーが運転席に座っており、いつでもマニュアル運転に切り替えられる。

 uber 3 Googleの自動運転車

 Uberは、自動運転の取り組みはまだ初期段階であるとし、実用化のロードマップは公表していない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -