レビュー
» 2016年05月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:丸紅が7000人のBYOD実現を目指して決めた「攻めの選択」とは

丸紅が、国内4000人の従業員が出張先や自宅から会社データにアクセスできるセキュリティと利便性を両立した環境を構築。BYODを視野に入れたワークスタイルの変革を実現した同社の取り組みとそれを可能にしたシステムとはどのようなものだったのか。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 広範な分野の商品やサービスの提供、事業投資を世界65カ国、120地域の拠点で展開している総合商社の丸紅。早くからIT化に注力してきた同社は、国内で4000人、海外拠点を含めると7000人を超える従業員が、いつでも、どこでも、どの端末からでも業務ができるリモート業務環境の整備に積極的だ。

 同社では、2000年からメールサーバにMicrosoft Exchange Serverを採用、出張先や自宅からメールシステムにブラウザでアクセスできる仕組みを利用していたが、2000年代半ばからセキュリティ対策を重視するに当たり、ブラウザメールのセキュリティをいかに担保するかが課題となっていた。

 情報を会社が完全に管理でき、利用者の利便性も損なわないシステムとはどのようなものか。今後のBYOD導入も視野に入れ、アプリケーション仮想化を検討を開始した同社の選択とは? 本資料では、国内外の出張先や自宅のPCからでも会社環境にセキュアにアクセスできる環境の実現で、スタッフもワークスタイルの変化を実感したというシステムに迫る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -