レビュー
» 2016年06月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:802.11acの高速通信をフル活用できるアクセスポイントの選び方

最新のWi-Fi標準規格802.11acは、高速通信やカバレッジの広さなど高性能だが、802.11ac対応をうたう全てのアクセスポイントが、性能を最大限に活用できるわけではない。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 2014年1月に正式に規格化された最新のWi-Fi標準規格802.11acは、5GHz帯の電波を使い、理論的には最大で6.9Gbit/sという高速通信が実現可能になるなど、これまでの規格よりも高いパフォーマンス、カバレッジの拡張を可能にした。変調方法の改善により高速化に加え、より多くのクライアントをサポートでき、802.11acの導入で801.11nクライアントの効率を高めることもできる。

 パフォーマンスとカバレッジが拡張された結果、トラフィックも増大している。現在企業や教育、医療機関などさまざまな組織が抱える共通の課題は、ネットワーク利用者およびデバイス数の増加、ワイヤレス接続専用デバイスの増加、アプリケーションのアップデートなど、いずれも高密度化というさらに大きな問題につながっている。802.11acアクセスポイントは、どれも同じというわけではなく、設計上、高密度に対応できない製品もある。

 本資料では、802.11acの性能を有効活用するために考慮すべき基本事項を解説し、802.11acに適したシスコの高密度エクスペリエンス(HDX)テクノロジーを備えたアクセスポイント製品について紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -