ニュース
» 2016年06月09日 07時53分 UPDATE

Apple、App Storeでの検索広告表示とサブスクリプション制度拡張を発表

AppleがWWDC 2016を前に、App Storeの制度変更について発表した。検索広告表示や課金アプリの2年目からの開発者取り分アップ(70%→85%)などが段階的に実施される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月8日(現地時間)、開発者向けWebサイトで、近く実施予定のApp Storeの変更について発表した。

 appstore 1

 App Store内での検索結果にアプリの広告を表示するようになり、サブスクリプション(月額課金)制アプリの柔軟性を高める。

検索広告表示

 App Storeでユーザーが検索すると、その検索語と関連性の高いアプリの広告が表示されるようになる。この「Search Ads」のβが今夏開始になり、秋にまず米国のApp Storeで始まる。

 例えば下図のように、「写真フィルター」と検索すると、「LightRight」というアプリの広告が検索結果のトップに表示される。

 広告は検索結果のアプリとほとんど同じフォーマットで表示されるが、広告だと分かるようにアプリ名の下に青い「Ads」バッジ(色は変わるかもしれない)が明示される。

 appstore 2 検索広告の例

 林信行氏によるインタビュー記事によると、ユーザーのプライバシーを保護するため、広告表示に当たってはユーザーの検索履歴やプロフィールのデータを開発者に提供することはないという。

サブスクリプションの2年目からの開発者取り分が85%に

 サブスクリプション制度の改善点は以下の6点。有料アプリの売り上げ配分は従来どおり開発者が70%、Appleが30%のままだが、サブスクリプション制アプリの場合、2年目から開発者の取り分が上がるので、長く使い続けたいアプリを開発するモチベーションが上がりそうだ。

 複数プランが登場すれば、ユーザーにとっても選択肢が増えることになる。

  • サブスクリプション適用アプリカテゴリの拡大(これまでニュースアプリなどに限定されていたが、ゲームなどすべてのカテゴリを課金制にできる)
  • 売り上げの開発者への配分が2年目から85%に。これは6月13日からの実施で、既存のユーザーにも適用する
  • 地域別価格設定(同じアプリを新興国市場では割安価格に設定するなど)
  • 価格変更した場合、既存ユーザーだけ価格据え置きにできる
  • 複数プランの設定が可能に(ベーシック、プレミアムや月額、年額など)
  • アプリ値上げの場合、Appleからユーザーに通知する

 Appleは1月、App Storeの元日の売上高が1億4400万ドルで過去最高だったと発表した。直近の業績発表では、Appleの総売上高に占めるiTunes StoreやApple Music、その他のサービスの割合はわずか12%ではあるが、主力のiPhoneの販売が減速する中、その他サービスの改善はAppleにとって重要だ。同社は来週開催の年次開発者会議「WWDC 2016」で、サブスクリプション制音楽サービス「Apple Music」の大幅アップデートを発表するとみられている。

 今回発表されたApp Storeの改善については、林信行氏によるフィル・シラー氏インタビューに詳細な説明がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -