ニュース
» 2016年06月10日 11時19分 UPDATE

Facebook、「360写真」でニュースフィードへの360度画像の投稿を可能に

Facebookが360度動画に続けて360度画像もニュースフィードでサポートした。リコーThetaなどのカメラやスマートフォンのカメラアプリで撮影したパノラマ/360度写真をFacebookに投稿すると自動的に加工され、視点を変えながら見られる写真になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月9日(現地時間)、新サービス「360写真」でニュースフィードへの360度画像(全方位あるいは全天球)の投稿を可能にしたと発表した。

 スマートフォンでパノラマ写真を撮影するか、リコーのThetaやSamsungの「Gear 360」のような専用カメラで撮影した360度画像を通常の画像と同様にFacebookに投稿すると、360写真に自動的に変換される。

 360 1 マーク・ザッカーバーグCEOが投稿した360写真

 Facebookは動画については既に昨年9月、360度動画を利用できるようにしている

 ニュースフィード上の360写真は上の画像のように、一般の写真と同じように表示されるが、右脇のコンパスのようなアイコンで360度であることが分かる。このアイコンが付いている写真は、マウスでドラッグしたり、携帯端末の場合は端末を動かすことで視点を変えて見られる。

 360 2 モバイル端末であれば本体を動かすことで視点を変えられる

 SamsungのVR HMD「Gear VR」対応端末の場合は、360写真の左上に「View in VR」ボタンが表示される。これをタップしてGear VRに端末をセットすると、VR環境で360写真を見られる。

 360写真のサンプルとしては、ポール・マッカートニーのコンサートNASAによるISSの内部などが公開されている。


 投稿方法などについてはFacebookのヘルプセンターにまとまっている(本稿執筆現在まだ英語のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -