ニュース
» 2016年06月13日 07時59分 UPDATE

Facebook、米国で初の「災害時情報センター」開設 オーランド乱射事件で

100人以上が死傷したフロリダ州オーランドの銃乱射事件を受け、Facebookが災害用伝言板サービス「災害時情報センター」を開設した。日本で2012年に立ち上げられた同サービスが米国で開設されるのはこれが初めてだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月12日(現地時間)、米フロリダ州オーランドで同日未明に発生した銃乱射事件を受け、米国では初となる「災害時情報センター」を開設した。本稿執筆現在、この事件で50人が死亡、52人が負傷したと報じられている。

 マーク・ザッカーバーグCEOは自身のFacebookで「今朝起きてオーランドでの乱射事件について知ってとても憤慨している。私の祈りは犠牲者の皆さん、その家族の皆さん、LGBTコミュニティーとともにある。Facebookは災害時情報センターを開設したが、向こう数日間最も必要なのは輸血用血液だ」と語り、献血に関する公共情報へのリンクを掲載した。

 事件の起きたナイトクラブ「Pulse Orlando」は同性愛者に人気のダンスクラブ。Facebookページでは事件発生直後から情報を発信している。

 pulse

 緊急時情報センターは、Facebookが2012年、日本で立ち上げた災害用伝言板サービス。ユーザー同士がFacebook上でお互いの安否を共有できるというものだ。Facebookが開設した地域ではニュースフィードの上部に安否を尋ねる通知が表示され、「自分の無事を報告」をクリックすることで友達のニュースフィードや通知で無事が報告される。これまで、パリでのテロ事件や熊本地震などで開設された。

 pusle 2 災害時情報センター

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -