ニュース
» 2016年06月14日 05時34分 UPDATE

「iOS 10」の対応端末と新機能まとめ

WWDC 2016で発表された「iOS 10」の新機能を簡単にまとめた。アップデートできる端末からiPhone 4Sが消えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月13日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2016」の基調講演で次期iOS「iOS 10」を発表した。同日開発者版が、7月に一般向けβ版が、今秋に正式版がリリースされる。

 アップグレードできる端末は以下の通り。iPhone 4Sと第3世代iPadは脱落した。

  • iPhone 5/5c/5s
  • iPhone SE
  • iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus
  • 第6世代iPod touch
  • 第4世代iPad
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad Pro
  • iPad mini 2/3/4
 ios 0 対応端末

 基調講演では、10の主な新機能が紹介された。本稿では概要だけお伝えする。

1. ロック画面機能の強化

 ロック画面のままできることが増えた。端末を持ち上げただけでロック画面が表示される。通知が3D touchに対応し、例えばメッセージの通知を長押しするとメッセージへの応答入力画面が表示されたり、Uberからの通知を長押しするとドライバーにメッセージを送るか配車をキャンセルするボタンが表示されたりする。通知を一括で非表示にすることも可能だ。

 ios 1 配車通知への対応

2. Siriとサードパーティーアプリの連係

 Siriを開発者に開放することで、Siriにアプリの操作を頼めるようになる。例えば「WeChatでナンシーに5分遅れるというメッセージを送って」(Slackもサポートする)や「Uberで配車をお願い」(LyftとDidiもサポート)などがSiriの中で実行可能。写真の検索やワークアウトアプリの操作もできる。

3. キーボード「QuickType」がよりインテリジェントに

 iOSのキーボード「QuickType」の入力予測がディープラーニング技術によりさらに高度になったという。これまでより長いセンテンスに対応する。

 メッセージング中の応答候補をSiriが直接提案する。基調講演のデモでは、「今どこにいるの?」の応答に、Siriが自分の現在地のマップを表示した。

 ios 3

4. 写真にGoogleフォトのアルバムのような機能

 写真の画像認識機能が向上し、顔だけでなく、動物や景色を検索できるようになる。

 Memoriesという、Googleの自動作成アルバムのようなサービスも追加される。これは日時や位置情報で写真を1つのコンテンツ「Memory」にまとめる機能だ。Memoryのトップには写真や動画をBGM付きでまとめた動画が配置され、撮影した場所の地図も表示される。

5. マップも開発者に開放でアプリとの連係機能追加

 マップ内でOpenTableに予約を入れたり、Uberで配車を手配できる。

 ナビ画面では、交通渋滞情報が色分けで表示され、「ダイナミックビュー」でズームできる。

6. Apple Musicのデザイン刷新

 Apple Musicはうわさ通りデザインが変わり、全体的に白っぽくなる。ストリーミング中の楽曲の歌詞が表示される(どのような楽曲が対応するかは言及されなかった)。「For You」に新たに日替わりのプレイリストが加わる。

 ios 4 Apple Music

7. ニュースもデザイン変更

 サブスクリプションコーナーが追加された。速報はロック画面に通知する設定にできる。

8. 「Home」アプリでHomeKit対応家電をまとめて操作可能に

 スマートホームのプラットホーム「HomeKit」関連で、対応するサービスが増える。下図の最下段が増えるもの。エアコン、ホームカメラ、ドアベル(呼び鈴)、空気清浄機、除湿機だ。

 ios 5 HomeKitがサポートする家電

 新アプリ「Home」で、個別の家電だけでなくあらかじめパッケージにした操作を1タップで実行できる。例えば「おやすみ」パックではリビングの電灯やテレビを消して寝室の空調を入れるといったことをまとめておける。

9. 電話機能

 留守録の音声をテキスト化する機能が追加される(β版)。また、Voice APIで、Tencentの着信でスパムの可能性を表示する機能が紹介された。

10. メッセージに絵文字変換や全画面エフェクト

 メッセージアプリ「iMessage」に、落書き付き写真投稿機能やフキダシにエフェクトをかける機能、手書き機能、フキダシをなぞらないと内容が表示されない「Invisible Ink」機能、テキストを絵文字に変換する「Tap to Replace」機能などが追加される(詳細記事)。

 ios 6 テキストを絵文字に変換できる

 メッセージも開発者に開放するので、メッセージ内のアプリストアからアプリを追加できる。デモでは、Squareのアプリが紹介された。


 また、iOSだけではないが、 FaceTimeもメッセージもHomeアプリも、すべてエンドツーエンドの暗号化をし、サービスのためにユーザーのプロフィールを集めることはしないと強調した。

 基調講演では触れられなかったが、同日公開されたiOS 10の開発者向けβ版ではプリインストールアプリが削除可能になっている

 今回の基調講演では、(予想通り)ハードウェアの発表はなかった。メッセージのAndroid版といううわさもあったが、それも発表されなかった。

 基調講演は既にこちらで再生できるようになっている。再生はChromeブラウザでも可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -