ニュース
» 2016年06月14日 09時20分 UPDATE

WWDC 2016で発表されたことまとめ

Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」で発表されたことを時系列で紹介する。ハードウェアの発表はなかったが、Apple Watchの横スワイプでのウォッチフェイス交換やiOSのメッセージアプリの新機能など、細かい新機能が多数紹介された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月13日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2016」の基調講演を開催した。本稿では発表されたことを時系列で簡単に紹介する。

 最初に登壇したティム・クックCEOはまず、前日にオーランドで起きた銃乱射事件について語り、会場での1分間の黙祷を求めた。

 wwdc 1 黙祷する会場

 その後、今回のWWDCが27回目であり、74カ国以上から5000人以上が会場に集まったこと、18歳以下の参加者が120人いることなどを紹介した。Appleに登録する開発者の総数は1300万人に上り、最年少は7歳という。

 基調講演は、4つのOSであるwatchOS、tvOS、macOS、iOSの順に、それぞれの新バージョンの機能を説明するもので、ハードウェアの発表はなかった。4つのOSはそれぞれ、開発者版が同日、一般向けβ版が7月にリリースされ、正式版は「今秋」公開の予定だ。

watchOS 3:スワイプでウォッチフェイス変更、手書き入力など

 Apple WatchのOS「watchOS」のプレゼンテーションは、テクノロジー担当副社長のケビン・リンチ氏が担当した。

 右スワイプでウォッチフェイスが選べるようになる。ウォッチフェイスのバリエーションも増え、ミッキーの彼女、ミニーも選べる。

 wwdc 2 ミニーのウォッチフェイス

 メッセージングでの応答で、手書き入力をテキストに変換する「Scribble」機能が使えるようになる。

 また、サイドボタンの長押しで911(日本の110番に当たる)を呼び出せるようになる。米国の911だけでなく、中国の999にも対応すると説明しているので、恐らく110にも対応するだろう。この機能を使うにはiPhoneと接続しておく必要がある。通報は位置情報を伴ったものになる。

 アクティビティでは、車いす利用者のための「Stand」代わりの「Time to roll」やStandのように一定間隔での深呼吸を促す「Breathe」機能が紹介された。

tvOS:Siriでの操作が可能に

 Apple TVのOS「tvOS」のプレゼンテーションはエディ・キュー上級副社長が担当した。

 wwdc 3 エディ・キュー上級副社長

 Siriでの操作のデモでは、「80年代の高校が舞台のコメディー」をリクエストしたり、対応するアプリで「CBSニュースを見る」などでアプリを起動してライブを視聴する方法などが紹介された。

 また、Apple TV経由でHomeKit端末をSiriで操作できることも発表された。

 さらに、サブスクリプションサービスへのシングルサインオン機能が利用できるようになる。1つのアプリで認証を済ませれば、他のアプリでは認証プロセスを省ける(アプリ側が対応する必要がある)。

 iPhoneのリモコン機能も向上し、iPhoneのSiriやキーボードでApple TVを操作できるようになる。検索がかなり楽になりそうだ。

OS XはmacOSに改称、Siri搭載、Apple Pay対応

 macOS(旧OS X)のプレゼンテーションはクレイグ・フェデリギ上級副社長が担当。改称について、「他のOSと揃えた」とアニメーション付きで説明した。

 wwdc 4 macOSについて説明するクレイグ・フェデリギ氏

 次期macOSの名称は「macOS Sierra」になる。別記事を補足すると、パスワード不要の「Auto Unlock」機能や、iPhoneでコピーしたテキストをMacにペーストできるiCloud経由の「Universal Clipboard」機能などが紹介された。

 また、モバイル決済のApple PayがMacに対応した(といっても、店頭でMacを使うわけではないよ、とフェデリギ氏)。

 wwdc 5 恒例のフェデリギ氏のジョーク

 Webサイトで、同じアカウントでログインしているiPhoneでの指紋認証を使って決済できる。Apple Payが利用できる国が9カ国になるが、日本にはまだ来ない。

 この他、うわさ通りSiriの搭載が発表された他、動画のピクチャーインピクチャー機能などが紹介された。

 なお、Apple Musicの新機能については、iOSの紹介でまとめて発表された。

iOS:Apple Musicやメッセージの改善

 次期iOSは「iOS 10」になる。“過去最大のアップデート”の詳細は別記事を参照されたい。

iPadでSwiftのプログラミングを学ぶ「Swift Playgrounds」

 最後に再登場したティム・クックCEOは、Swiftの普及について語り、さらに若い世代がプログラミングを学習しやすいようにと、iPadで利用できる学習アプリ「Swift Playgrounds」を発表した。

 wwdc 6

 かわいい(?)キャラクターをコードで動かしながら学べる。

 ios 7 Swift Playground

 これについても別記事を参照されたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -