ニュース
» 2016年07月21日 07時39分 UPDATE

Google、日本語もサポートのクラウド自然言語APIとスピーチAPIを一般向けにβ公開

Googleがクラウドサービス「Google Cloud Platform」で利用できる自然言語APIと音声認識APIをβ公開した。Googleが「Google Now」などで使っている技術を無料〜低価格で利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月20日(現地時間)、クラウドサービス「Google Cloud Platform」で利用できる自然言語関連の2つのAPIを一般向けβ版として公開した。

 いずれも今年3月、クラウド関連イベント「GCP Next 2016」で発表し、限定プレビューとして提供していたもの。

 「Cloud Natural Language API」はコンピュータに人間の自然言語を理解させるためのAPI。日本語、英語、スペイン語に対応する。

 cloud 1 Cloud Natural Language API

 自然言語で書かれたテキストから書いた人の意見や感情を抽出する「センチメント分析」、テキストから固有名詞や時間表現などを抽出する「表現抽出」、テキストの内容を解析する「構文解析」などが利用できるようになる。

 Googleは、例えば、オンラインの製品レビューやサポートセンターへの顧客からの問い合わせなどの解析・対応に活用できるとしている。

 「Cloud Speech API」は、同社がAndroidの「Google Now」の音声検索や「Google Keyboard」での音声によるテキスト入力などで使っているディープラーニングニューラルネットワーク技術「Automatic Speech Recognition」をアプリで使えるようにするREST API。日本語を含む80カ国語以上をサポートする。

 cloud 2 Cloud Speech API

 例えば、音声入力をテキストに変換したり、音声による命令を実行してプログラムを制御したり、録音からテキストに起こしたりできる。

 いずれのAPIも、プレビュー段階では無料だったが、料金プランが発表された。

 Cloud Natural Language APIの料金はユニット数/月の月額制で、5000ユニットまでは無料だ。料金プランはこちら

 Cloud Speech APIの料金は、最初の60分は無料で、それ以上は15秒当たり0.006ドル。1カ月に利用できるのは100万分までだ。詳細はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -