ニュース
» 2016年07月27日 09時09分 UPDATE

Twitterの4〜6月期決算は売上高が予測に届かず、MAUは3億1300万人と伸び悩み

Twitterの4〜6月決算は、売上高が20%増、赤字幅は縮小したが、売上高はアナリスト予測を下回った。MAUは前期からほぼ横ばいの3億1300万人。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは7月26日(現地時間)、2016年第2四半期(4〜6月)の決算を発表した。売上高は前年同期比20%増の6億200万ドル、GAAPベースの純損失は1億700万ドル(1株当たり15セント)で、前年同期(1億3700万ドルの赤字)より赤字幅が縮小した。純損失は、株式報酬費やTACコスト増加の影響が大きい。そうした特別費用などを除いた非GAAPベースでは9300万ドルの黒字(1株当たり13セント)だった。

 売上高はアナリスト予測の6億7800万ドルを下回った。非GAAPベースの純利益はアナリスト予測の10セントを上回った。

 twitter 1 売上高推移

 広告の売上高は18%増の5億3500万ドル。モバイル広告が広告売上高全体に占める割合は前期より1ポイント増の89%だった。データライセンスの売上高が35%増の6700万ドルだった。

 月間アクティブユーザー数(MAU)は前年同期比3%増、前期からほぼ横ばいの3億1300万人。モバイルからのMAUがMAU全体に占める割合は前期より1ポイント減り、82%だった。

 twitter 2 MAU推移

 今後の見通しについては、第3四半期の売上高を5億9000万〜6億1000万ドルとした。

 ジャック・ドーシーCEOは発表文で「この四半期、優先課題で大きな進捗があった。われわれは製品ロードマップに自信がある」と語った。

 アントニー・ノトCFO(最高財務責任者)はMAUとDAUが着実に増加しているとし、「今後もオーディエンスの拡大を推進していけると信じている。また、ライブストリーミングの取り組みも活性化しており、世界で最も人気のあるライブコンテンツの提供者らと提携し、今後より多くのイベントをTwitter上で届けていく」と語った。

 Twitterは22日、北米の男子プロバスケットボールリーグNBAと、Twitter、Vine、Periscopeで独占的にライブコンテンツを配信する提携を結んだと発表している。

 同社は過去数四半期、業績に関する会見をPeriscopeでライブ配信してきたが、今回はしなかった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -