ニュース
» 2016年07月30日 07時00分 UPDATE

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:マンガで解説する「ベストオブブリード型アプローチと情シスの役割」 (1/4)

ビジネス変革を情シス部がリードするためのITストラテジーを、マンガで解説するシリーズ。今回は、システム構築の代表的なアプローチの1つ「ベストオブブリード型」について「スイート型」との違いや、導入における情シスの役割について解説します。

[安田航,ITmedia]

この記事は安田航氏のブログ「安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論」より転載、編集しています。


 企業情報システムの全体像をデザインする代表的なアプローチとして、「スイート型」と「ベストオブブリード型」があります。「どちらが良いか?」という議論は、10年以上前からあったと思います。これがようやく決着したのが、クラウドが普及してきた2013年ごろです。クラウドだけでなく、モバイル、ソーシャル、ビッグデータといった新しいテクノロジーを企業情報システムに取り込んでいくためには、ベストオブブリード型にせざるを得ないというのが、今のところの結論のようです。

 そういった時代背景において、情シス部に求められる役割とは何でしょうか? 「スイート型」と「ベストオブブリード型」とはそもそもどのようなものか? も整理しながら、考えていきましょう。

ベストオブブリード型アプローチと情シスの役割

Photo
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -