ニュース
» 2016年08月31日 12時50分 UPDATE

Google+は「Google for Work」のコアに──Googleが3つの更新を発表

Googleが、ソーシャルサービス「Google+」のデフォルトを「新しいGoogle+」にシフトし、「コレクション」および「コミュニティ」をGoogle Appsユーザーの組織内コミュニケーションの場にすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月30日(現地時間)、ソーシャルサービス「Google+」の3つのアップデートを発表した。

 まず、Google+の「コレクション」および「コミュニティ」タブを、プロダクティビティサービス「Google Apps」ユーザーのための組織内でのコラボレーション/コミュニケーションプラットフォームにする。これは向こう数日中に“ローリングアウト”する。Google+担当のプロダクトマネジャー、ダニエル・バックリー氏は自身のGopgle+で「Google+は向こう数週間中にGoogle for Workサービスのコアになる」と説明する。

 plus 1 Google+の「コミュニティ」(非Google Appsユーザー版)

 それに伴い、2015年11月に刷新したGoogle+の新しいUIをデフォルトにする。「以前のGoogle+に戻す」リンクは当面残すが、まだ新しいUIに移行していないユーザーも、新しいUIで表示されるようになる。

 plus 2 新しいGoogle+への移行を促される

 3つ目は新機能の追加だ。コメントにリンクと画像を追加できるようになる。また、コミュニティのオーナーとモデレーターが従来よりも投稿をコントロールできるようになる。また、通知センターが新しくなる。

 2011年9月にスタートしたGoogle+は一時期、写真編集機能やグループチャット機能までついたSNSとして提供されていたが、写真機能は「Googleフォト」としてチャット機能は「ハングアウト」として独立している。GoogleはハングアウトをGoogle Appsのコミュニケーションツールとしてエンタープライズ向けに特化していくとしており、Google+も同じ運命をたどるのかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ