ニュース
» 2016年09月27日 11時30分 UPDATE

MicrosoftとAdobe Systems、Azureで提携

Adobe SystemsはMicrosoftの「Microsoft Azure」を、クラウドサービスの「Adobe Marketing Cloud」「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」の推奨クラウドプラットフォームとして採用する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftと米Adobe Systemsは9月25日(現地時間)、アトランタで開催のエンタープライズ向けカンファレンス「Microsoft Ignite 2016」において、戦略的提携を発表した。

 Adobeは、Microsoftの「Microsoft Azure」を、クラウドサービスの「Adobe Marketing Cloud」「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」の推奨クラウドプラットフォームとして採用する。

 一方、MicrosoftはAdobeを「Dynamics 365 Enterprise」の推奨マーケティングサービスに指定した。

 azure 1 提携を発表するMicrosoftのサティア・ナデラCEO(左)とAdobeのシャンタヌ・ナラヤン社長兼CEO(右)

 両社は、顧客がAdobe Marketing CloudとMicrosoftのDynamics 365のアプリを横断して簡単に作業できるよう、データ統合することで協力していくという。顧客はこの提携により、人工知能(AI)や機械学習、高度な解析ツールを活用できるようになるとしている。

 Adobeは既に「Adobe Creative Cloud」およびAdobe Marketing CloudのデータをAzureで解析することを可能にしているが、この提携でより密接に統合する。

 azure 2

 Microsoftのサティア・ナデラCEOは発表文で「AdobeとMicrosoftは協力し、企業がデジタル改革を実施し、新しい方法で顧客とかかわることをサポートする」と語った。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -