ニュース
» 2016年10月05日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?

成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。主要クラウドベンダーのデータセンター規模や、複雑化する構造を隠蔽する手段として「人工知能」(AI)が重要なファクターとなる背景などを解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますます「賢く」なっていく。

 一方、AIという言葉は勝手に独り歩きし、仕事を奪われるとおびえる極端からユートピアの到来を夢見る極端までさまざまな妄想が広まっている。規制・振興当局ですら野良ロボットが参政権を要求するかもしれないと真面目に議論しているありさまだが、もう少し落ち着いてほしい。世界はこれまでも変化し続けてきたし人々はいつの時代もなんだかんだいいながら変化する環境に適応し続けてきたのだ。何がどのように変化していくのかを落ち着いて観察していけば変化自体は恐ろしくない。むしろチャンスですらある。

※このコンテンツは、連載「川田大輔のクラウド解体新書」第2回の完全版です。サマリー版は以下からダウンロードしてご覧ください(会員限定/無料)。

クラウド“ビッグ4”のデータセンターは、どのくらいビッグで複雑なのか?

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1608/29/news01.html

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -