ニュース
» 2016年10月12日 15時40分 UPDATE

JR西、全乗務員にiPad配布 トラブル対応を迅速化へ

JR西日本が、在来線を含む全乗務員に約8600台のiPadを配布。トラブル対応の迅速化や訪日外国人向け案内サービスの向上を目指す。

[ITmedia]
photo 運転士にはiPad Air、車掌と客室乗務員にはiPad miniを配布。マニュアル類の電子化などを進めるという

 JR西日本は10月12日、在来線を含む全乗務員向けに、約8600台のiPadを2017年1月から順次導入すると発表した。運転士にはiPad Air、車掌と客室乗務員にはiPad miniを携帯させ、トラブル対応の迅速化などを見込む。

 列車事故などのトラブル発生時、iPadを使って現場の状況を関係者間で共有し、速やかに原因特定や処理を行えるようにする。iPad上で運転用時刻表を検索・表示できる仕組みも導入。列車遅延や運休などで乗る列車が変わった乗務員が、新たに担当する列車の運転用時刻表をiPad上で探して表示し、迅速に対応できるようにするという。

 このほか、最新の運行情報を乗客に知らせたり、翻訳ツールを使って訪日外国人を案内したりといった活用を見込む。乗務員が紙で携帯していた規程やマニュアル類の電子化も予定している。

 JR西はこれまでも、2015年1月に山陽新幹線の乗務員向け、15年3月に北陸新幹線の乗務員向けにそれぞれiPadを導入。トラブル発生時の情報共有や訪日外国人向け対応に効果があったことから、在来線にも導入を決めたという。

photo ニュースリリースより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -