ニュース
» 2016年11月03日 11時56分 UPDATE

企業版Office 365向け:Microsoft、Slack対抗「Microsoft Teams」発表 日本でもプレビュー開始

Microsoftが、Slackによく似たチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」のプレビュー版をリリースした。企業向けOffice 365でのみ利用でき、Slackのような一般ユーザー向けはない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月2日(現地時間)、うわさのSlack対抗チームコラボレーションツール「Microsoft Teams(以下、Teams)」を発表した。同日から日本を含む181カ国でプレビューを開始した。

 teams 1

 プレビューを利用するには、「Office 365」の「Business Essentials」「Business Premium」「Enterprise E1/E3/E5」のいずれかのプランに加入している必要がある。

 teams 4 日本でTeamsを使えるプラン

 正式版の公開は2017年1〜3月期中の見込みだ。

 デモ動画を見ると、Slackとかなり近いユーザーインタフェース(UI)で、チームでのリアルタイムのチャットができる。Slackと同様に、iOS、Android、Windows、Macのアプリと、Webアプリがある。

 teams 2 SlackそっくりなTeamsの画面

 Office 365内のサービスなので当然だが、Office 365の各種サービスとシームレスに連係する。例えばOffice 365の連絡先からメンバーをピックアップしてチャットチームを作ったり、Wordのドキュメントを表示しながらチャットできる。

 teams 3 Office文書を共有しながらのチャット

 Slackと異なり、Teamsを利用できるのは記事冒頭で紹介した企業向けOffice 365ユーザーのみで、個人向けには提供しない。

 Slackは同日、米大手新聞New York Timesに「Dear Microsoft」と題する全面広告を出し、「ライバルの出現に興奮している」とTeams歓迎の意を評した(下はSlackのスチュワート・バターフィールドCEOのツイート)。(別記事。)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ