ニュース
» 2016年11月17日 08時08分 UPDATE

Google、Microsoftの「.NET Foundation」に参加

Googleが、Microsoftが2014年に設立した.NETのオープンソースリソースの管理団体.NET Foundationに参加する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月16日(現地時間)、ニューヨークで開催の「Connect(); // 2016」で、.NET Foundationに米Googleがメンバーとして加わったと発表した。

 .net 1

 .NET Foundationは、Microsoftが2014年の開発者会議「Build 2014」で発表した、.NET関連のオープンソース化されたリソースを管理するための団体。Microsoftは「.NET Core」や「Visual Basic」「C#」のコンパイラなどを提供している。

 Googleは過去数年にわたり、200以上の同社のクラウドサービスを.NETライブラリに提供してきた。最近では、Visual StudioとPowerShell向けにネイティブなGCPサポートを構築している。

 Googleは.NET Foundationのコミュニティの中心的存在である「Technical Steering Group」の一員となる。同グループの既存のメンバーは、Microsoft、Red Hat、Samsung Elecronics、Unity、JetBrainsだ。

 .net 2

 Connect();では、MicrosoftのLinux Foundationへの参加.NET CoreのTizenのサポート「Visual Studio for Mac」なども発表された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ