ニュース
» 2016年11月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「Microsoft Edge」は本当の本当に安全なのか?

Microsoftの新しいWebブラウザ「Microsoft Edge」は幅広いセキュリティ機能を備え、従来の「Internet Explorer」よりも安全性を高めたという。本当にそうなのか。実際の機能を検証する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer」は、Windowsの標準ブラウザとして長い間親しまれてきた。最新のWindowsである「Windows 10」からは、その立場を後継ブラウザに譲ることになった。その新しいWebブラウザが「Microsoft Edge」だ。

 Internet Explorerはそのユーザー数の多さや、しばしば発覚する深刻な脆弱(ぜいじゃく)性から、常にサイバー犯罪者の格好の標的となってきた。アプリケーションの主役がクライアントアプリケーションからWebアプリケーションにシフトする中、Webブラウザの安全性に対して向けられる視線は厳しさを増す。

 こうした中で登場したMicrosoft Edgeは、セキュリティを高める工夫を随所に凝らしているといわれる。その効果は本当に確かなのか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料では、Microsoft Edgeの主要なセキュリティ機能をチェックし、その安全性を検証する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ