ニュース
» 2016年11月30日 13時30分 UPDATE

SORACOM Airで送ったIoTデバイスのデータを蓄積・グラフ化する「SORACOM Harvest」

ソラコムが、サーバやストレージを用意しなくても手軽にIoTデバイスから送られてくるデータを蓄積できる新サービス「SORACOM Harvest」を発表。

[園部修,ITmedia]

 ソラコムが11月30日、IoTデバイスから送られたデータを収集・蓄積できる新サービス「SORACOM Harvest」の提供を開始した。

 SORACOM Harvestは、データ通信用のSIM「SORACOM Air」を取り付けたIoTデバイスから送られるセンサーや位置情報などのデータを、ユーザーがサーバやストレージを用意することなく蓄積できるのが特徴のサービス。収集したデータには自動的に受信時刻やSIMのIDが付与され、SORACOM上に40日間保存される。保存されているデータはSORACOMのユーザーコンソール内でグラフ化することも可能だ。

SORACOM Harvest SORACOM Harvestは、SORACOMのユーザーコンソールから設定をオンにするだけで簡単に利用できる

 データはAPI経由で取り出しすこともでき、SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Canalなどのサービスを活用すれば、他のクラウドやストレージにデータを移して分析に活用できる。

 利用料金はSIM 1枚あたり1日5円で、1日2000回までの書き込みが料金に含まれる。2000回を超えると、1リクエストあたり0.004円の追加料金が発生する。ちなみに1分に1回データを送信する場合、1日に発生する書き込みは1440回なので、1分毎のデータ収集なら料金内で行えることになる。なお、SORACOM Airの1アカウントにつき、SIM 1枚分の無料利用枠が設定されているので、Harvestの機能を無料で試すこともできる。

 またソラコムは同日、SORACOM Airのサービスを米国内でも提供することを発表した。ネットワークはAT&TとT-Mobileの2G/3G網を使える。データ通信用SIMをAmazon.comで1枚から購入でき、世界の120以上の国と地域で利用可能だ(接続エリアによりデータ通信量が変わり、接続可能なキャリアは随時変動の可能性がある)。

SORACOM Air SORACOM Airのグローバル対応サービスもスタート

 初期費用はSIM 1枚あたり5ドル、基本料金は通信開始までは0ドル、通信開始後は1日当たり0.06ドル。データ通信料金は従量課金で、1MBあたり0.08ドル〜となる。グローバル対応なので、日本国内向けのSORACOM Airより若干高く、時間帯別の割引などはないが、SIMを登録してからデータの送信を開始するまで(最長1年間)は、基本料金が無料という特徴がある。

関連キーワード

IoT | SORACOM Air | データ通信 | Amazon | クラウド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -