ニュース
» 2016年12月08日 10時05分 UPDATE

Slack、Googleとの提携強化で「Drive Bot」や「Team Drive」との連係も

コラボレーションツール「Slack」のSlack TechnologiesとGoogleが、Slackと「Google Cloud」の連係強化を発表した。2017年上半期に、「Drive Bot」の追加や「Team Drive」との連係、Slack内でのG Suiteドキュメントのプレビューなどが実現する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleと米Slack Technologiesは12月7日(現地時間)、コラボレーションツール「Slack」とGoogleのクラウドサービス「Google Cloud」の連係強化を発表した。

 slack

 両社は10月、Slack内での「G Suite」文書の作成を可能にしたと発表している。

 今回の発表された主な機能を紹介する。これらの新機能は2017年上半期中に利用可能になる見込みだ。

botでの通知(従来はGmail)

 SlackとGoogleドライブの両方を使っているチームではこれまで、共有しているG Suiteのコンテンツ(ドキュメント、スプレッドシート、スライド)が更新されるとGmailに通知が来ていたが、「Google Drive Bot」がSlack内で通知するようになる。メッセージ内のボタンでコメントしたり、Slack内からコンテンツを開いたりできる。

共有できる相手の確認機能

 チャンネル内でG Suiteのファイルを共有しようとすると、そのファイルがチャンネル内のメンバー全員にアクセス権があるかどうかをSlackがチェックし、権限のないユーザーがいる場合は警告を表示する。

Team DriveとSlackチャンネルの連係

 Googleが9月に追加したグループ向け共有ドライブ「Team Drive」とSlackのチャンネルを連係できるようになる。

 Slackのチャンネルにアップロードされたファイルは、自動的にTeam Driveにバックアップされ、逆にTeam DriveにアップロードされたファイルはSlackでも共有される。

 将来的にはTeam DriveをSlackにアップロードするファイルのメインクラウドストレージとして使えるようにするオプションを提供する計画という。

Slack内でのG Suiteドキュメントプレビューが可能に

 Slack上でG Suiteのドキュメントのプレビューを表示できるようになる見込み。

G SuiteコンソールからのSlackプロビジョニングが可能に

 G Suiteの管理者が、G Suiteのダッシュボード上からSlackチームのプロビジョニングを行えるようになる。特に大規模な組織で便利そうだ。



 両社は、これらの連係はパートナーシップの第一歩にすぎないとしている。Googleによると、Googleドライブのファイルが毎日(ウィークデーのみ)Slack上に約6万回インポートされているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -