ニュース
» 2016年12月08日 11時30分 UPDATE

Microsoft、「Build 2017」など、来年のイベントスケジュールを発表

「Build」という名称になってからサンフランシスコで開催されてきたMicrosoftの年次開発者会議が本拠地レドモンドに近いシアトルに会場を移す。WPCは「Microsoft Inspire」という名称になって7月開催、「Microsoft Ignite」は「Microsoft Envision」を吸収して9月に開催だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは12月7日(現地時間)、2017年の年次イベントのスケジュールを発表した。

「Build 2017」は5月10日からシアトルで

 2011年からサンフランシスコで開催してきた開発者会議「Build」は同社の本拠地であるワシントン州レドモンドの近く、シアトルで開催する。

 ms event 1 Build 2017はシアトルで開催

 Build 2017の開催は5月10日〜12日の3日間。会場はまだ発表されていない(シアトルのダウンタウンで、とある)。今後の情報はメーリングリストへの登録で入手できる。

 Buildは人気のあるイベントで、今年のチケットは発売後1分で完売した。

「Microsoft Inspire」(旧Worldwide Partner Conference、WPC)は7月9日から

 これまで「Worldwide Partner Conference(WPC)」という名称だった同社のパートナー企業向けイベントは「Microsoft Inspire」となり、7月9日〜13日にワシントン D.C.で開催される。このイベントへの参加予約は既に受付中だ。

 msevent 2 Microsoft Inspireは申し込み受付中

「Microsoft Envision」は「Microsoft Ignite」に吸収され9月25日〜29日開催

 「Microsoft Envision」は、2016年に初めて開催された経営層やビジネスリーダーを対象としたイベントだが、2017年にはその内容をインフラ運用管理者向けイベント「Microsoft Ignaite」に統合し、9月25日〜29日にフロリダ州オーランドで開催する。こちらはプレ登録受付中だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ