ニュース
» 2016年12月14日 08時00分 UPDATE

コインランドリーにもIT化の波――スマホに完了通知、LINEクーポンなども導入の兆し

コインランドリーのIT化と聞いてもピンと来ないかもしれないが、実はここ数年でコインランドリーを取り巻く環境も大きく変化している。ITによるビジネス変革とライフスタイル変革は、コインランドリー業界にも起きているのだ。

[園部修,ITmedia]

 12月2日から4日までの3日間、東京ビッグサイトで「国際コインランドリーEXPO 2016」が開催された。クリーニングの総合展示会「クリーンライフビジョン21/2016東京国際クリーニング総合展示会」に併設される形でスタートしたイベントだが、郊外を中心に大きな変貌を遂げつつあるコインランドリー業界の現状を俯瞰できるイベントとあって活況を呈していた。

 都心部に住んでいると、コインランドリーと聞いても、洗濯機を持たない独身者が利用するもの、というイメージが強いかもしれない。しかし、女性の社会進出とともに、衣類の洗濯に割ける時間が減っているという背景から、特に主婦層のコインランドリー利用が増加傾向にあるという。郊外では駐車場を備えた、清潔感あふれるきれいな大型店舗が整備されており、大容量の洗濯機と乾燥機を活用して、たまった大量の洗濯物を週末に短時間で洗い、乾かすというライフスタイルが広がりつつあるのだ。

コインランドリー 都心部のコインランドリーというとこんなイメージ

 こうした、生活をより快適で便利に変え、店舗にとっても効率を上げられるしくみとして、ITが果たせる役割は大きい。国際コインランドリーEXPO 2016に合わせて開催された「コインランドリー店アワード」では、先進的な取り組みをしている店舗の表彰に加えて、使い勝手や利便性を向上させる取り組みを評価する「UI・UX部門」や、ITを積極的に活用する姿勢を評価する「IT部門」での表彰が行われた。

WASH&FOLD 神戸垂水店 最優秀賞を受賞したWASH&FOLD 神戸垂水店。清潔感あふれる広々とした店内に洗濯乾燥機が並ぶ。WASH&FOLDの名の通り、洗濯代行サービスも利用できる
コインランドリーwash+ 中葛西店 IT部門賞を受賞したコインランドリーwash+ 中葛西店の店内。中央に案内役のPepperがいる。奥には洗剤を使用せずに洗濯ができる専用の洗濯乾燥機が設置されているほか、大型の貸し収納庫などもある
国際コインランドリーEXPO 2016 コインランドリー店アワード
受賞店舗 受賞理由
最優秀賞 WASH&FOLD 神戸垂水店 コインランドリー、クリーニング、洗濯代行という新しいスタイルを確立し、コインランドリーの先駆者として牽引しており、今までの貢献度も考慮して選出
特別賞 ninOval wash cafe 吹田紫金山店 ユーザー目線にたって、コインランドリーに決定的な付加価値を加えたことを評価
特別賞 小柴クリーニング 八幡2丁目店 リスクがあることを覚悟の上で、女性専用にとことんこだわった姿勢を高く評価
UI・UX部門 ランドリーステーションひまわり 安全性を考慮し、かつ地域に貢献することを念頭においた店づくりが秀でており、高く評価
IT部門 コインランドリーwash+ 中葛西店 店舗の案内役としてPepperが常駐している点、QRコードでのクーポン発行、LINE@を活用した展開も予定する点など、先進的な施策を評価

コインランドリー店アワード 国際コインランドリーEXPO 2016に合わせて開催されたコインランドリー店アワードの受賞者と審査員

 ちなみにコインランドリーでプリペイド型のICカードが利用できるようになったのは2005年頃。ここ数年でQRコードによるクーポンを発行する機能や、電子マネー決済への対応なども進んでおり、洗濯・乾燥が終了するとSMSで携帯電話やスマートフォンに通知するサービスなども提供が始まっている。とはいえ、IT化はまだ緒に就いたばかり。アクアと日本マイクロソフトが「クラウドITランドリー」の実現に向け提携するなど、業界では注目すべき動きも出ている。

 都心部では、店舗の坪単価が高く、なかなか先進的なコインランドリーは作りにくいようだが、IT化が進んで便利になれば、まだまだ利用者は増やせる可能性が高い。ITによる「ライフスタイル変革」も、静かに進んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -