ニュース
» 2017年01月15日 12時00分 UPDATE

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:シリコンバレー見聞録 ベイエリアならではの新鮮なアイデアを吸収できるコーヒーハウスの正体 (1/2)

IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。第4回は、ブルーボトルコーヒーが飲めるカフェにワークスペースを併設した「HanaHaus」です。

[柴崎辰彦,ITmedia]

この記事は柴崎辰彦氏のブログ「柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」」より転載、編集しています。


 あのパロアルトの中心街に、日本でも最近有名なブルーボトルコーヒーとタイアップした新しいCafe & Workspace、「HanaHaus」があります。そしてなんと、このカフェはERPの巨人といわれるドイツのSAPが運営しているのです。

ALTALTALT メインストリートに面したHanaHaus

 ブルーボトルコーヒーについては、東京・青山や品川、新宿にも出店されていますのでご存じの方も多いかと思いますが、少しだけ記載しておきたいと思います。もともとはカルフォルニア州オークランドがスタートで、サードウエーブコーヒーの代表格といわれています。

 サードウエーブコーヒーとは、インスタントコーヒーなど急速に家庭に広まったファーストウエーブと、1960年代から2000年頃にかけて広まったシアトル系のスターバックスを代表とされるコーヒーの風味を重視するセカンドウエーブに次ぐ、コーヒー本来の価値を重視する第3のコーヒーの流行を指す言葉のようです。

 丁寧に入れていただいたブルーボトルコーヒーは少し酸味の利いた、なかなか味わいの深いコーヒーで、何よりもアットホームな対応が印象的でした。

ALTALTALT 酸味の利いたブルーボトルコーヒー
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ