ニュース
» 2017年01月17日 09時39分 UPDATE

Intel、小売り向けIoTプラットフォーム「RRP」と関連事業への1億ドル投資を発表

PCからIoT/クラウドにシフトするIntelが、小売業向けプラットフォーム「Responsive Retail Platform(RRP)」と、向こう5年間で1億ドル以上を小売業界向けに投資する計画を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは1月16日(現地時間)、ニューヨークで開催の全米小売業大会(NRF Big Show)で、小売業界向けの新プラットフォーム「Responsive Retail Platform(RRP)」を発表した。同社のIoT(モノのインターネット)およびクラウド技術を活用し、小売業の仕入れから商品陳列、レジ作業までの効率化をサポートする。

 また、小売業界向けに向こう5年間で1億ドル以上を投資することも発表した。

 同社は2016年4月、ビジネスをPCからクラウドやIoT(モノのインターネット)にシフトする構造改革を発表している。

 IntelはNRFで、同社の小型PCフォームファクター「NUC(Next Unit of Computing)」ベースでCore i7搭載の米Simbe Robotics製棚卸しロボット「Talley」や、店舗の効果的なレイアウトをVR HMD(将来的にはProject Alloyを採用するとみられる)でシミュレーションできる「ShopperMXTM HIVE」などを披露した。

 aap 1 店頭を歩き回って棚をチェックするロボット「Talley」
 app 2 VRで店舗レイアウトをシミュレートする「ShopperMXTM HIVE」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ