ニュース
» 2017年01月26日 19時00分 UPDATE

松屋フーズ、オラクルの予算管理クラウドを導入

松屋フーズが、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。表計算ソフトと手作業での集計から、クラウドサービスを活用した予算管理に移行。高精度な経営判断と運用負荷の軽減につながった。

[園部修,ITmedia]

 松屋フーズは1月26日、経営情報の分析やシステム運用の負荷軽減のために、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したことを発表した。

 松屋フーズは、牛めしやカレー、定食などを提供する「松屋」やとんかつの「松のや」、すし屋の「すし松」、ラーメン店「セロリの花」など、さまざまな業態で飲食店1067店舗(2016年12月末時点)を全国に展開する企業。業態ごとの採算やメニューに関する分析など、経営管理業務には従来表計算ソフトを使っており、経営企画部門の担当者が手作業で集計をしていた。予算管理システムも老朽化し、サーバの管理やソフトウェアのバージョンアップなど、IT部門の業務負荷も重かったという。

松屋フーズ 松屋フーズ

 精度の高い経営判断を支援でき、運用負荷が軽減できる仕組みとして、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。多角的な分析やシミュレーションが可能であり、経営企画部門でも簡単に利用でき、早期かつ低コストで導入できる点を評価した。

 予算管理クラウドを導入したことで、一元化されたリアルタイムなデータを元に、経営管理レポートが作成でき、経営判断のための分析も可能になった。またクラウドサービスのため、一括導入ではなく、一部の業務から先行して導入・検証が行えたのもメリットだという。業務毎の適応状況を判断し、費用や工数のリスクを軽減しての導入が可能だった。

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service Oracle Planning and Budgeting Cloud Service

 なお、今回の導入プロジェクトはコンサルティング会社ブレインチャイルドが支援をしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -