ニュース
» 2017年02月01日 13時34分 UPDATE

Slack、大企業向け「Enterprise Grid」立ち上げ 複数チームの一括管理が可能に

チームコラボレーションツール「Slack」の大企業向け「Enterprise Grid」が登場。企業内のworkspaceを一元管理でき、workspaceを横断したチャンネルやメッセージングが可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Slack Technologiesは1月31日(現地時間)、コラボレーションツール「Slack」の大企業向けプラン「Slack Enterprise Grid」を発表した。

 Slackは、人数無制限で複数のチーム(workspace)を登録でき、チーム内でテーマごとにチャンネルを作れるのが特徴のコラボレーションツール。これまではデータ保存などに制限のある無料版と、2種類の有料プラン(月額8ドル/月額15ドル)が用意されていた。企業内で草の根的に広まり、昨年10月にはDAU(日間アクティブユーザー数)が400万人を超えた

 Enterprise Gridの特徴は、企業で使うSlackを管理者が総合的に管理できる点だ。管理者はworkspaceごとにパーミッションや統合をコントロールでき、複数のworkspaceにわたる共有チャンネルの立ち上げも可能。すべてのworkspaceを横断する検索や、workspaceを超えたメッセージのやりとりもできる。

 DLP、e-Discocery、オフラインバックアッププロバイダーとの統合が可能。1ユーザー当たり1TBのクラウドストレージを提供し、年中無休24時間のサポート付き。価格はまだ発表されていない。

 slack

 Slackはまた、独SAPがHana Cloud Platform、SuccessFactors、ConcurをSlackと連係させるためのbotの提供を開始したことも発表した。これまでにsalesforce.com、IBM、Box、Adobe Systems、Googleなどがbotを提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -