ニュース
» 2017年02月03日 11時10分 UPDATE

Snap(旧Snapchat)、IPOで30億ドル調達へ

米国の若者に人気のソーシャルサービス「Snapchat」を手掛けるSnapの株式公開に関する文書が公開された。議決権のない株式で30億ドルの調達を目指す。上場先はニューヨーク証券取引所で、ティッカーシンボルは「SNAP」だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソーシャルサービス「Snapchat」とウェアラブルカメラ端末「Spectacles」を手掛ける米Snapが米証券取引委員会(SEC)に提出した新規株式公開に関する文書(S-1)が2月2日(現地時間)、公開された。

 この文書で、調達目標額が最大30億ドルであることが明らかになった。ティッカーシンボルは「SNAP」。上場先はニューヨーク証券取引所(NYSE)だ。

 文書によると、2016年12月末時点のSnapchatのDAU(日間アクティブユーザー数)は1億6100万人。2016年の売上高は2015年から589%増の4億450万ドル、純損失は38%増の5億1400万ドルだった。同社の2016年第4四半期売り上げの88%は北米からのものだった。

 snap 1 Snapのトップページ
 snap 2 Snapchatの1周年時のエヴァン・スピーゲルCEO(右)とロバート・マーフィーCTO

 Snapは、2011年9月にエヴァン・スピーゲルCEO(26)とロバート・マーフィーCTO(28)が共同創業したソーシャルサービス。米Facebookなどとの競争が激化する中、2016年9月にメガネ型カメラ端末Spactaclesを発売し、社名をSnapchatからSnapに変更した。

 創業者2人の保有株はそれぞれ44.3%で、この2人だけが10人分の議決権のあるClass C株式を持つ。議決権のあるClass B株式は投資本のBenchmark Capital(22.8%)とLightspeed Venture(15.0%)、BenchmarkのパートナーでSnapの取締役のミッチ・ラスキー氏(22.8%)も保有する。市場に出す株式は議決権のないClass A株式のみだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -