ニュース
» 2017年02月08日 11時29分 UPDATE

Slackで同僚に送金──PayPal bot登場

オンライン決済のPayPalが、Slackのチームメンバー同士で送金できる「PayPal bot」をSlackのアプリストアで公開した。まずは北米など数カ国で利用できるようになった(日本はまだ)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 オンライン決済の米PayPalは2月7日(現地時間)、米Slack Technologiesのコラボレーションツール「Slack」のユーザー同士での送金を可能にするPayPal botを、北米、英、オーストラリアのSlack App Directoryで無料公開した。日本で使えるようになるかどうかは不明。

 slack 1 Slackのアプリストアで公開されたPayPal bot

 SlackのアカウントをPayPalのアカウントと連係させておけば、メッセージとして例えば「/PayPal send $5 to @Dave.」と入力するだけで送金(この場合はデイヴさんに5ドル送金)できる。

 slack 2 メッセージを入力するだけで送金できる

 デモ動画(記事末に転載)では、帰社する途中でカフェに寄った人がチームのSlackに「何か買っていこうか?」と投稿し、それに対して注文をリクエストした同僚が飲み物の代金を先に支払った様子を紹介している。この他、割り勘にした飲み代や同僚へのプレゼント代などをSlack内で集金できるだろう。

 Slackは2015年にアプリストアを開設しており、この他にも米GoogleのGoogleドライブの更新を知らせる「Google Drive Bot」やソーシャルワープロ「Quip」と連係するbotなど、多数のbotが公開されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ