ニュース
» 2017年02月17日 07時06分 UPDATE

GoogleのAIライブラリ「TensorFlow」がVer.1.0に 高速化してより柔軟に、新APIも追加

Googleがオープンソースで公開しているディープラーニング対応の機械学習ライブラリ「TensorFlow」が“プロダクトレディ”なバージョン1.0にアップデートした。58倍高速化し、多数の新APIが追加され、Python APIの安定性が向上した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月15日(現地時間)、本社キャンパスで開催の「TensorFlow Developer Summit」において、機械学習ライブラリ「TensorFlow」をバージョン1.0にアップデートしたと発表した。

 tensorflow 1

 TensorFlowは、同社が2015年11月にオープンソース(Apache 2.0ライセンス)で公開したディープラーニング対応の機械学習ライブラリ。同社のニューラルネットワーク採用の翻訳サービスGoogleフォトの画像認識機能などにもTensorFlowが採用されている。

 主な改善点は、以下の3点。

  • 高速化:XLAの採用により、従来の58倍高速になった
  • 柔軟性の向上:ハイレベルなAPIの追加やKerasをはじめとするニューラルネットワークライブラリとの完全互換
  • 安定性の向上:Python APIの安定性が向上し、
 tensorflow 2

 サミットの講演はライブストリーミング後、YouTubeでテーマ別で公開されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -