ニュース
» 2017年03月01日 10時11分 UPDATE

日本IBMがトップ人事、新社長にキーナン氏 4月1日から

日本IBMが役員人事を発表。4月1日付で社長に米IBM出身のエリー・キーナン氏が就任する。

[ITmedia]
Photo エリー・キーナン氏

 日本IBMは3月1日、4月1日付で米IBM出身のエリー・キーナン氏が代表取締役社長執行役員に就任すると発表した。現在、社長を務めるポール与那嶺氏はIBMを退職し、米国に帰国する予定となっているが、6月末までは特別顧問を務める。なお、同社の社長交代は2年3カ月ぶりとなる。

 1964年、イスラエル生まれのエリー・キーナン氏は、1986年にシステム・プログラマーとして米IBMに入社。2008年には日本IBMで副社長執行役員を務めた経験があり、現在は、米IBMでグローバルマーケッツ トランスフォーメーション担当のゼネラル・マネージャーを務めている。

Photo 現職のポール与那嶺氏は6月末まで特別顧問を務める

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -