ニュース
» 2017年03月02日 09時08分 UPDATE

MicrosoftのMR技術採用のAcer製HMD、まずは開発者向けに3月出荷開始

MicrosoftのMR(複合現実)プラットフォーム採用のサードパーティーHMD第一弾がAcerから3月に、まずは開発者向けに提供開始される。MicrosoftのMRは、2018年にはWindows PCだけでなく、Xbox Oneでも使えるようになる見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月1日(現地時間)、ゲーム開発者向けカンファレンスGame Developers Conference(GDC)で、同社のMR(複合現実)プラットフォーム「Windows Mixed Reality」(旧「Windows Holographic」)採用の台湾Acer製HMDを発表した。GDCのMicrosoftのセッションに参加した開発者に、SDKとともにこのHMDを提供する。

 acer 1 AcerのWindows Mixed Reality Development Editionヘッドセット

 Microsoftは昨年10月、Acerの他、米HP、米Dell、中国Lenovo、台湾ASUSなどがパートナーとして同プラットフォームをベースとするMR HMDを年内に発売すると発表した。

 Acerの新HMDの一般販売の予定や価格は発表されていないが、Microsoft純製の「HoloLens」よりは安価になる見込みだ。HoloLensの日本での販売価格は税込33万3800円だ。

 acer 2 MicrosoftのHoloLens

 AcerのHMDの主なスペックは以下の通り。Windows 10搭載PCと接続すれば、追加のセンサーなどは必要ない。

  • 2つの液晶ディスプレイの解像度:1440×1440ピクセル
  • ディスプレイのリフレッシュ速度:最高90Hz
  • オーディオ出力内蔵で、3.5ミリヘッドフォンジャック付き
  • HDMI 2.0とUSB 3.0ポート付き

 GDCに参加していない開発者でも、Windows Mixed Realityに興味があればプログラムにサインアップできる。

 Microsoftはまた、2018年にはMRを「Project Scorpio」を含むXbox Oneでも利用できるようにすると発表した。具体的なハードウェアなどについては触れていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ