ニュース
» 2017年03月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:100〜300台クラス

インターネットと社内LANの間に施すセキュリティ対策としてUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)は効果的だ。日本市場で主要なベンダーのUTM製品を取り上げ、推奨接続PC台数100〜300台クラスの機能を比較した。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる。

 本コンテンツは、ガートナージャパンが提供している「Gartner Magic Quadrant-UTM」の中でも上位評価を獲得していて、日本市場で主要なベンダーのUTM製品を取り上げ、推奨接続PC台数100〜300台クラスで比較した基本機能をまとめた。詳細および最新情報は、ベンダーのWebサイトなどでご確認いただきたい。

◆紹介する製品

  • Cisco ASA 5516-X
  • SRX340
  • Sophos UTM-SG 330
  • 790 Appliance
  • Barracuda NextGen Firewall Fシリーズ モデル280
  • FortiGate-200D

◆主な比較項目

  • 価格
  • ファイアウォールスループット
  • ウイルス対策機能
  • IPS機能
  • URLフィルタリング機能
  • アプリケーションコントロール
  • ボット対策機能

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -