ニュース
» 2017年03月15日 12時12分 UPDATE

Android版GmailにGoogle Walletの送受金機能(まずは米国で)

Googleが、米国のAndroid版Gmailアプリに送金機能を追加した。メール作成時に添付ファイルとして金額を入力したファイルを添付することで請求/送金できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月14日(現地時間)、Android版Gmailアプリに決済機能を追加したと発表した。米国でのみ利用可能。

 例えば会費徴収や割り勘の飲み代支払いなどをGmailで行える。アプリの新規メール作成画面で添付アイコン(クリップアイコン)をタップし、「Send Money」(送金の場合)あるいは「Request Money」(徴収の場合)をタップし、表示される画面で金額を入力して送るだけ。

 gmail 1 Gmailアプリでの送金方法

 受け取ったユーザーは、数タップで自分の口座に入金できる。手数料は掛からない。

 gmail 2 受け取った金額を自分の口座に入金する

 この機能は「Google Wallet」との連係で実現している。Webブラウザ版のGmailでは、米英で2013年から使えている。

 コラボレーションツール内での決済サービスとしては、米Snapchatの「Snapcash」LINEの「LINE Pay」米FacebookのMessenger内決済サービスなどがある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ