ニュース
» 2017年04月13日 10時59分 UPDATE

Google、WebブラウザとCardboardでVRを体験できる「WebVR」サイト公開

「誰もがVRを体験できるようにするべき」と主張するGoogleが、ダンボール式HMD「Cardboard」で「WebVR」コンテンツを体験できるようにし、VR体験サイトを公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月12日(現地時間)、「WebVR on Chrome」を同社のダンボール式HMD「Google Cardboard」に対応させたと発表し、WebVRコンテンツ体験サイト「WebVR Experiments」を公開した。WebVRをサポートするWebブラウザで、サイト上の12のWebVRのコンテンツを楽しめる。

 webvr 1 WebVR Experiments

 WebVRは、Mozillaが主体となって開発するオープンソースのAPI。JavaScriptでWebブラウザ向けのVRコンテンツを作成できる。コンテンツは、対応するWebブラウザがあれば特別なアプリを追加インストールせずに楽しめる。

 各コンテンツの紹介ページにはコンテンツへのリンクとともにコードへのリンクもあるので、開発者はこれを参考にして新たなコンテンツを開発し、この体験サイトで公開することも可能だ。

 webvr 2

 WebVRの対応状況についてはwebvr.rocksで確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -