ニュース
» 2017年05月09日 11時23分 UPDATE

乗換案内の「Citymapper」がロンドンで無料“スマートバス”テスト運行

乗換案内アプリの英Citymapperが、ロンドンで運賃無料の“スマートバス”を2日間限定で走らせる。交通機関向けツール開発に向けた第一歩だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 乗換案内アプリを手掛ける英Citymapperは5月8日(現地時間)、英ロンドン交通局(TfL)との提携により、“スマートバス”のテストをロンドンで実施すると発表した。将来的にはバス事業を改善するサービスにつなげる計画という。

 citymapper 1 Citymapperの“スマートバス”

 Citymapperは2011年創業のロンドンに拠点を置く非公開企業。東京を含む世界40カ国の都市をサポートする乗換案内アプリを提供している。

 スマートバスのテストは、まずは5月10日、11日の2日間だけ行う。ロンドンのTfLのバスルートを走り、運賃は無料。バスには乗客向けのルート表示ディスプレイや充電用のUSBポートを備え、ドライバーは専用アプリで交通状況や乗客数などを把握しつつ、場合によってはルートを変更できる。

 citymapper 2 ドライバー用専用アプリも開発した

 同社は乗換案内アプリのユーザーデータを解析するうちに、現行のバスが必ずしもユーザーに最善のサービスを提供できていないことに気づき、まずバスのルートとユーザーの需要を評価するツール(コードネーム:Simciity)を構築した。

 スマートバスの実験は、バス事業に自ら参入するためではなく、バス企業向けのアプリ開発のためという。無料バスの利用データをアプリ開発に反映させていくねらいだ。「すべてを自分たちでやる必要はなく、他社と提携していきたい」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -