ニュース
» 2017年06月01日 10時34分 UPDATE

「Gear VR」、「Daydream」より一足先に「Chromecast」対応

Samsung ElectronicsのVR HMD「Gear VR」がGoogleの「Chromecast」に対応し、VR画面をテレビの大画面のキャストできるようになった。GoogleのDaydream端末も年内にChromecastに対応する見込みだが先を越された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRは5月31日(現地時間)、韓国Samsung ElectronicsのVR HMD「Gear VR」のOculusアプリを米Googleのキャスト技術「Chromecast」に対応させたと発表した。Gear VRで見ているのと同じ映像を大画面テレビで共有できる。

 vr 1

 Gear VRのOculusアプリに追加されたChromecastボタンを選択することでキャストを開始できる。

 Googleも「Google I/O 2017」で、VRプラットフォーム「Daydream」をChromecastに対応させると発表したが、Gear VRに先を越された形だ。

 vr 2 DaydreamもChromecastで大画面キャストを可能にする計画

 「Oculus Rift」やソニーの「PlayStation VR」のようなPCやゲーム端末に接続するタイプのVR HMDはもともとディスプレイにHMDの画面を表示できている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ