ニュース
» 2017年06月08日 07時41分 UPDATE

AppleのSafari、Edgeに続き、ついにWebRTCサポートへ

AppleのWebブラウザが次期OSで、Googleが中心となって推進するオープンプロジェクト「WebRTC」をサポートする。これでChrome、Firefox、Edge、Safariがサポートすることになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月7日(現地時間)、次期デスクトップOS「macOS High Sierra」および次期モバイルOS「iOS 11」向けWebブラウザの開発者向けプレビュー版「Safari Technology Preview」をリリースした。リリースノートで、「WebRTC」をサポートするとしている。

 rtc 1

 WebRTCは、Webブラウザでのリアルタイムコミュニケーション(RTC)を可能にすることを目的としたオープンプロジェクト。Google Chromeチームを中心に、MozillaとOperaが推進している。

 プロトコルにUDPを採用し、音声、映像などの大量のデータを高速に送れるのが特徴の1つ。通信はDTLSで暗号化される。サーバーを介さずにユーザー同士が直接接続できるP2P機能を実現できる。

 WebブラウザとしてはGoogleの「Chrome」とMozillaの「Firefox」、「Opera」がサポートしており、Microsoftも1月に「Edge」でのサポートを発表した。

 rtc 2

 また、Googleの「ハングアウト」や「Duo」、Facebookの「Facebook Messenger」、「Slack」、Microsoftの「Skype for Linux」などでも採用されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -