ニュース
» 2017年06月19日 12時00分 UPDATE

Weekly Memo:GoogleはAWSやMicrosoftを追撃できるのか (1/2)

Googleが企業向けクラウド事業を加速させている。先週開かれたプライベートイベントでその熱気を感じた。果たして、先行するAWSやMicrosoftを追撃できるか。

[松岡功,ITmedia]

熱気にあふれていたGoogleのプライベートイベント

Photo 基調講演を行う米Googleのダイアン・グリーンGoogle Cloud統括バイスプレジデント

 「Googleのクラウドが大手企業の基幹系システムの基盤として使われるようになってきた」――。米Googleの企業向けクラウド事業責任者であるダイアン・グリーンGoogle Cloud統括バイスプレジデントは、同社日本法人のグーグルが6月14〜15日に東京都内のホテルで開催されたプライベートイベント「Google Cloud Next'17 in Tokyo」の初日の基調講演でこう強調した。

 IT業界で企業向け事業に25年以上携わってきたグリーン氏は、米VMwareの共同創業者として10年間CEOを務めた経歴を持ち、Googleが企業向け事業を強化するために2015年11月に招き入れた人物である。同イベント全体の内容についてはグーグルの公式ブログをご覧いただくとして、本稿ではグリーン氏の発言に注目したい。

 グリーン氏はまず今回の東京でのイベントについて、登録者数が1万3000人と前回(1年前)の2000人から6.5倍に拡大したことを挙げ、その盛況ぶりに感謝の意を示した。筆者は2016年にも同じように取材したが、会場の熱気は格段に違った。イベントの規模は別にして、5月下旬に都内で開催されたAmazon Web Services(AWS)のイベントと同様の雰囲気があった。

 ちなみに、グリーン氏が統括する「Google Cloud」は、Googleが展開する企業向けクラウド事業においてインフラからアプリケーションまで全ての関連サービスを統合したブランド名である。その中で、AWSやMicrosoftのインフラサービス(IaaS)と競合しているのが「Google Cloud Platform(GCP)」である。

 グリーン氏はそのGCPについて、グローバルで10億人以上のエンドユーザーが利用していることや、2016年11月に東京リージョンを開設して有料の顧客企業数が前年比70%増加したことなどを挙げ、その好調ぶりをアピールした。(図1参照)

Photo 図1 Google Cloudの主要顧客

 また、企業向けクラウド事業において重要なポイントとなるパートナーエコシステムについても拡充に注力しているとし、今回のイベントでは新たにNTTコミュニケーションズとのパートナーシップも発表した。さらに図2にあるように、企業向け事業に精通している有力システムインテグレーターもパートナーに名を連ねており、GCPの事業体制は相当整ってきているようだ。

Photo 図2 Google Cloudの主要なパートナー企業
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -