ニュース
» 2017年07月03日 07時20分 UPDATE

Facebookアプリに近くの無料Wi-Fiを探す機能

Facebookアプリで位置情報をオンにして「Wi-Fiを検索」をオンにすると、近所で無料Wi-Fiを提供しているビジネスが地図/一覧で表示される。ビジネス側がFacebookに登録している必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月30日(現地時間)、iOSおよびAndroid版Facebookアプリにユーザーの現在位置の近くにある無料Wi-Fiスポットを表示する機能を追加したと発表した。同日から日本を含む世界のユーザー向けにローリングアウトしした。

 昨年11月に一部のiOSユーザー向けにテスト提供したところ、モバイルデータ通信が乏しい地域で特に役に立つことが分かったため、提供地域を拡大することにしたとしている。

 この機能が使えるようになると、Facebookアプリの「その他」(≡)タブに「Wi-Fiを検索」という項目が表示されるので、これをタップして表示される画面で「Wi-Fiを検索機能をオンにする」をタップする。利用するにはFacebookアプリが自分の位置情報を収集することを「常に許可」する設定にしておく必要がある(「このAppの使用中のみ許可」では使えない)。

 また、「位置情報履歴」もオンになり、自分のかなり正確な移動履歴がFacebookのデータセンターに保存され、広告表示などに利用されるようになる(位置情報履歴は「アクティビティログ」で削除できる)。

 wifi 1

 設定をオンにすると、近くのWi-Fiスポットが地図/一覧として表示される。表示されるのは、スポット側がこのサービスに登録しているもののみだ。

 wifi 2 地図表示とリスト表示

 筆者の場合、無料Wi-Fiがあるはずの近所のスターバックスやタリーズは表示されなかったので、これらのビジネスは(少なくとも本稿執筆現在)登録していないとみられる。

 これはFacebookにとっては“世界のつながりをより密に”というミッションを実現するための取り組みの一環。ビジネスにとってはプレゼンスを上げる手段になり、ユーザーにとっても便利な機能だろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ