ニュース
» 2017年07月10日 07時41分 UPDATE

トランプ米大統領、プーチン露大統領と合同サイバーセキュリティグループ結成で合意

ドナルド・トランプ米大統領は、7日のウラジーミル・プーチン露大統領との初会談で、選挙介入などに対処するための米露合同サイバーセキュリティ対策グループを結成することで合意したとツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「プーチン大統領と私は、選挙介入をはじめとする悪事を監視するためのサイバーセキュリティに関する強固なユニットを結成することを話し合った」──。ドナルド・トランプ米大統領は7月9日(現地時間)、自身の個人Twitterアカウントでこうツイートした。

 両大統領は7日、独ハンブルグで開催の主要20カ国地域首脳会議で初会談を行った。

 putin 1 (画像:President of Russia)

 トランプ氏はまた、「私はプーチン大統領に2回、ロシアは米大統領選挙に介入したかと強く問いかけた。彼は強く否定した。私は以前から(ロシアは介入していないと)自分の意見を言っている」ともツイートした。

 トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選挙に関して、バラク・オバマ前大統領政権は、ロシアが介入したとしていた。トランプ政権はこの問題の捜査を進めていた連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官を解任した。

 米連邦政府が7日に公開したスティーブン・ムニューチン米財務長官による米露大統領会談についての記者発表会見記録には「両大統領は、サイバー攻撃の脅威対策についてより良く理解するため両国によるフレームワーク立ち上げを検討することで合意した」とある。

 ロシア政府が同日公開したセルゲイ・ラブロフ外相による記者会見記録では「テロリズム、組織犯罪、あらゆる形態のハッキングなどを含む問題に対処するための両国による作業グループを結成することで合意した」となっている。

 putin  2 セルゲイ・ラブロフ露外相(画像:The Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation)

 トランプ氏のツイートに対しては「キツネがニワトリに『君たちを食べるようなことはしないよ。ぼくに協力してくれれば君たちは安全だよ』と言っているようなものだ」(カナダのジャーナリスト、アニルバン・ゴッシュ氏のツイート)などというコメントが寄せられている(「キツネに鶏小屋の番をさせるな」ということわざがある)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -