ニュース
» 2017年07月11日 06時42分 UPDATE

Twitter、「通知」タブで新しいアカウントのミュートも可能に 嫌がらせ対策で

Twitterが、通知タイムラインに自分にとって不快なツイートを表示させないようにする「詳細フィルター」でミュートできるアカウントとして「新しいアカウント」と「フォローされていないアカウント」を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは7月10日(現地時間)、「通知」タブの「詳細フィルター」でミュートできるアカウントに、新たに「新しいアカウント」と「フォローされていないアカウント」を追加した。嫌がらせ対策の一環だ。

 詳細フィルターは、通知タイムラインに不愉快なツイートを表示しないようにするための機能。3月に追加された。2015年からある「クオリティフィルター」と併用することで、見たくないツイートを見てしまう可能性を低くできる。

 advance 1 通知タブ

 詳細フィルターでミュートできるのは以下のアカウントだ。いずれも既に自分がフォローしている場合を除く。

  • 新しいアカウント(今回追加)
  • フォローされていないアカウント
  • フォローしていないアカウント(今回追加)
  • プロフィール画像が設定されていないアカウント
  • メールアドレスが未認証のアカウント
  • 電話番号が未認証のアカウント

 詳細フィルターを設定するには、[通知](ベルのアイコン)→[設定](歯車のアイコン)→[詳細フィルター]で設定画面を開き、ミュートしたい項目をタップ(クリック)する。

 advanced 2 詳細フィルターの設定

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -