ニュース
» 2017年07月11日 09時56分 UPDATE

Microsoftのハイブリッドクラウドサービス「Azure Stack」をHPEやDell EMCが受注開始

Microsoftが、「Microsoft Azure」上のサービスをオンプレミスでも稼働させるためのハード+ソフトサービス「Azure Stack」の受注開始を発表した。HPE、Dell EMC、Lenovoが扱う。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月10日(現地時間)、ワシントンD.C.で開催のパートナー向け年次会議「Microsoft Inspire」(旧Worldwide Partner Conference)で、クラウドサービス「Microsoft Azure」上のサービスをオンプレミスで利用できるようにする「Azure Stack」の受注を開始したと発表した。Microsoftは5月の「Build 2017」でAzure Stackを発表し、テクニカルプレビューを提供してきた。

 azure 1

 Dell EMCHewlett Packard Enterprise(HPE)、Lenovoがパートナー企業として、Azure Stackのソフトウェアを搭載した自社ハードを販売する。出荷は9月からになる見込みだ。

 例えばMicrosoft Azureで提供しているサービスをMicrosoftのデータセンターがない地域で展開したい場合など、制約のある場合の利用が考えられる。

 azure 2

 料金は、ハードウェアは仕様によるがHPE ProLiantの場合はサポートを含めて30万ドルから。ソフトウェアの利用料金はMicrosoft Azureと同様の「pay-as-you-use」式だ。料金についてはMicrosoftのサイトを参照されたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -