ニュース
» 2017年07月24日 10時49分 UPDATE

Lyft、自動運転事業部「Level 5」を立ち上げ

UberのライバルLyftが、独自の自動運転技術開発部門「Level 5」を立ち上げた。Waymoと提携し、Jaguar Land Roverから出資を受ける同社は自社の関連データやシステムをパートナーに開放しつつ自動運転による配車サービス実現を目指す。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米配車サービスのLyftが、独自の自動運転技術開発部門「Level 5 Engineering Center」を立ち上げた。同社のエンジニアリング担当副社長であるルク・ビンセント氏が7月22日(現地時間)、自身のMediumで発表した。

 lyft 1

 独自の自動運転システム(SDS:self-driving system)を開発し、データやシステムをパートナー企業に公開していくとしている。システムを搭載する車両はパートナーが提供する。

 同社は5月、自動運転事業で米Alphabet傘下のWaymoと提携することを明らかにした。また、6月には英Jaguar Land RoverがLyftの自動運転事業支援で25万ドル出資したと発表した。

 部門名のLevel 5は、自動車技術の標準化を進める非営利団体SAE Internationalが定義するドライバー不要の完全自動運転レベルに由来するようだ。

 ビンセント氏は2月にLyft入りする前は米GoogleでGoogleマップのストリートビューを手掛けるエンジニアリング担当シニアディレクターを務めていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -