ニュース
» 2017年07月31日 00時00分 UPDATE

日本オラクル、クラウド型API管理ツール提供 ライフサイクルを一元管理

日本オラクルが、クラウド型API管理ツールを提供開始。他社製クラウドサービスやオンプレミス上のAPIも管理可能にし、APIライフサイクル全体を支援する各種機能を一元的に提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

 日本オラクルは7月28日、「Oracle Cloud」のAPI管理ソリューション「Oracle API Platform Cloud Service」の提供を開始した。

 API管理をクラウド型で提供するもので、APIの設計、開発、テスト、利用、運用といったAPIのライフサイクル全体を一元的に管理できる。APIゲートウェイにより、他社製クラウドサービスやオンプレミス環境からのAPI管理も可能になる。

Photo 「Oracle API Platform Cloud Service」の特徴

 既存システムとの連携は、SOA関連技術、クラウドネイティブなAPI開発を支援するDevOps、マイクロサービス関連技術、ID管理やデータセキュリティ技術など。さまざまなソリューションとの親和性が高いという。

 業務部門のユーザーがAPIに関わるようなケースも考慮し、宣言的機能(クリックによる開発)やノンコーディングでの管理が可能。APIドキュメントに対するアクセスを、管理者向け、編集者向け、参照者向けのロールベースで制御するアクセス制御機能も搭載する。

 利用価格は、月額16万6845円(税別)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -