ニュース
» 2017年08月16日 12時03分 UPDATE

Qualcomm、Android端末やVR/AR向け深度センサーカメラモジュール

Qualcommが、次世代Snapdragon向けの新しいカメラモジュールを発表した。虹彩認証や深度センサーを搭載し、顔認証やAR/VR HMDでの動画処理を改善するという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommは8月15日(現地時間)、2016年に立ち上げたカメラモジュールプログラム「Qualcomm Spectra Module Program」を拡張した、モバイル端末やVR/MR HMD向けの高度なカメラモジュールを発表した。次世代「Snapdragon Mobile Platform」で利用可能になる。

 デモ動画(記事末に転載)を見ると、タブレットで撮影する手の動きがほぼリアルタイムで透過式の動画データに変換されて表示されるのが分かる。

 qualcomm 1
 qualcomm 2

 新しいモジュールは、Qualcomm SpectraのISP(画像信号プロセッサ)技術に基づく虹彩認証モジュール、パッシブ深度センサーモジュール、アクティブ深度センサーモジュールで構成され、カメラによる生体認証機能を提供する。

 VR/ARでの動画品質向上だけでなく、顔認証機能向上も可能になりそうだ。

 米Appleの今秋発表とみられる次期iPhoneには顔認証機能が搭載されるといううわさだが、次世代Android端末にも同様の機能がQualcommのモジュールによって搭載されるようになるかもしれない。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -