ニュース
» 2017年08月23日 08時27分 UPDATE

Google、Microsoftの「Active Directory」サポートの「Chrome Enterprise」

Googleが「Chromebook」の企業顧客拡大を狙い、「Microsoft Active Directory」と「VMware Workspace ONE」をサポートするChromebook採用のサブスクリプションサービス「Chrome Enterprise」の提供を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月22日(現地時間)、企業向けに「Chromebook」およびその管理サービスを提供するサブスクリプションサービス「Chrome Enterprise」を発表した。料金は1台当たり年額50ドルから。

 chromebook 1

 同社はこれまで、「Chromebooks for Work」として企業向けChromebookを展開してきたが、「Chrome Enterprise」では、米Microsoftの「Active Directory」と米VMwareの「VMware Workspace ONE」をサポートすることが大きな特徴だ。

 これにより、企業ユーザーはこれまでWindows端末で使っていた認証システムでChromebookにログインして「G Suite」などのGoogleの一連のサービスにアクセスできるし、管理者は使い慣れた管理システムをそのまま使える。

 オンプレミスなGoogle Playストアでの社内アプリの提供も可能だ。その他、年中無休のサポート、シングルサインオン機能、OSアップデートの管理機能などがある。

 chromebook 2 Chrome Enterpriseの提供サービス一覧

 韓国Samsung Electronicsが5月に発売した「Samsung Chromebook Pro」をはじめ、ビジネス向けのChromebookのラインアップが整ってきている。また、ChromebookではAndroidアプリが利用できるようになったので、ビジネスアプリも豊富だ。

 chromebook 3 企業向けChromebookラインアップ

 Chromebookは米国の教育市場ではシェア58%(英Futuresource Consulting調べ)。今後、キーボードを脱着できるハイブリッド型やタブレット型のChromebookが登場する見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -