ニュース
» 2017年08月25日 10時53分 公開

ソフトバンク、コワーキングスペースのWeWorkに44億ドル出資

ソフトバンクが10兆円ITファンドで、米コワーキングスペース企業WeWorkに44億ドル出資する。両社は7月、合弁会社設立と日本進出を発表している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソフトバンクとソフトバンク・ビジョン・ファンドが米コワーキングスペース企業WeWorkに44億ドル(約4800億円)出資する。WeWorkが8月24日(現地時間)に発表した。

 WeWorkは、2010年創業のニューヨークに拠点を置く非公開企業。世界16カ国50都市以上で160以上のスペースを15万人以上の会員に提供している。個人や起業家だけでなく、SpotifyやMicrosoftなど、グローバル企業も利用している。

 wework 1 Webサイトは日本語もサポート

 7月にはソフトバンクグループと合弁会社「WeWork Japan」の設立を発表した。2018年初頭に最初の拠点を東京に開設する計画だ。

 wework 2 東京にもスペースを開設する計画
 wework 3 アダム・ニューマンCEO

 ソフトバンクは、44億ドルのうち、30億ドルでWeWorkの新規および既存株式を購入し、残り14億ドルはWeWork Japan、中国のWeWork China、韓国のWeWork Pacificに出資する。また、ソフトバンクグループの幹部2人がWeWorkの取締役に就任する。

 WeWorkのアダム・ニューマンCEOは発表文で「(ソフトバンクの社長)孫氏はビジョナリービジネスリーダーだ。われわれのミッションを強力に支援してもらえることを光栄に思う」と語った。ソフトバンクの孫正義氏は「アダム(ニューマン氏)のユニークなビジョンと才能あるチームは様々なタイプのクリエイターに高い柔軟性と機会を提供する共有プラットフォームを作り出した。WeWorkをサポートできてわくわくしている」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -