ニュース
» 2017年09月01日 08時46分 公開

Microsoft、「Twitch」対抗「Mixer」のライブ配信可能なiOS/Androidアプリ公開

Microsoftがライブ実況サービス「Mixer」のiOS/Androidアプリ「Mixer Mobile」アプリを公開した。モバイルゲームの実況も、Periscopeのような普通のライブ実況も可能で、XboxやPCでの「Co-Streaming」にも参加できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のゲーム実況サービスMixer(旧Beam)は8月31日(現地時間)、iOSおよびAndroid端末からゲーム実況できるモバイルアプリ「Mixer Create」をApp StoreおよびGoogle Play Storeで公開したと発表した。

 mixer 1 App Storeの「Mixer Create」のページ

 Mixerの競合、米Amazon.com傘下のTwitchは既にiOS/Androidアプリを公開しており、6月には端末のカメラを使っての実況機能を追加した。

 Mixerは、Microsoftが5月に立ち上げた、Beamのサービスをベースにしたゲーム実況サービス。4つのストリーミングを1画面で同時に視聴できる「Co-Streaming」機能などの特徴がある。「Windows 10」および「Xbox」で利用できる。Mixer Createは5月にβ版として公開された。

 Mixer CreateではCo-Streamingに参加でき、Android版ではすべてのAndroidゲームの、iOS版では「ReplayKit」対応ゲームの実況ができる。現在はCo-Streamingには招待を受けられるだけだが、将来的には自分の実況に招待できるようになる見込みだ。

 mixer 2 Co-Streamingの招待画面

 ゲーム実況だけでなく、米TwitterのPeriscopeや米Facebookのモバイルアプリのようなライブ動画配信アプリとしても使える。

 PC/Xbox Oneとほぼ同じチャット機能もあり、さらに「Chat Companion」機能を使うと、PCやXbox Oneでゲーム実況中にモバイル端末からチャットできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ